海洋環境、海洋資源・エネルギーに関する新学部 品川キャンパスに誕生
未知なる海へ無限の可能性を求めて
  • 09
  • 01
  • 02
  • 03
  • 04
  • 05
  • 06
  • 07
  • メタンハイドレート海洋産出試験

東京海洋大学は、国際競争力強化のための海洋産業人材育成組織を構築するため、
海洋環境、海洋資源・エネルギーに関する新学部、海洋資源環境学部を開設します。

平成29年4月からの海洋資源環境学部の設置が認められました。

海洋資源環境学部

2017年4月 品川キャンパスに開設予定

海に囲まれたわが国では、海の資源を上手に利用しながら新しい産業分野を作り上げていくことが重要です。一方で、海洋の利用は海の環境を保全しながら進めていく必要があります。本学部は2つの学科から構成され、本学のこれまでの強み・特色を生かしつつ、新たな海洋利用についての教育・研究に取り組み、海洋環境の保全と資源・エネルギーの利用についての専門知識を持って、わが国の海洋利用をリードしていく人材の育成を目指します。

大学院海洋科学技術研究科の関連する専攻についても改組を予定しています。

海洋環境科学科

海洋地球環境学科

海洋および海洋生物に関わる基礎科学(物理系、化学系、生物系、地学系)を総合的に学び、海洋環境・海洋生物の調査・解析・保全・利用のための科学と技術へ発展させることを目指す学科です。

海洋資源エネルギー学科

海洋資源エネルギー学科

環境保全を前提とした海洋・海底(エネルギー資源を含む)の探査・利用・開発方法について、基礎科学および海洋工学などの視点から総合的に学び、実践的に活躍できる人材を育成する学科です。

top